インプラント治療における失敗例

メインテナンス不足による失敗

治療後のメインテナンスを怠ると、インプラント周囲炎を発症してしまうリスクが高くなります。インプラント周囲炎になると、歯ぐきが炎症を起こして腫れあがり、顎の骨が溶けてインプラントとの結合がゆるんでしまう可能性もあります。

インプラントと骨の結合の失敗

インプラントは埋め込んだ顎の骨としっかり結合させなければ、自分の歯のように快適に使うことはできません。なんらかの理由で結合が不十分であった場合、しっかり噛めないのはもちろん、使い続けるうちに抜けてしまう可能性もあるのです。そのため、治癒期間を安静に過ごすことは大切です。

事前検査不足による失敗

骨量が不十分な部分にインプラントを埋め込んだ場合、歯ぐきからインプラントが出てしまうことがあります。この原因としては、事前検査により、顎の骨の状態を詳細に確認しないまま、もしくは事前シミュレーションが不十分なまま手術を実施したことによるものだと考えられます。

噛み合わせの調整不足による失敗

噛み合わせが悪いままインプラント治療をしても、うまく噛めないという症状が起こることがあります。インプラントに過度の圧力がかかり続けることになり、結合がゆるんだり、人工歯が欠けたり取れたりといった不具合の原因になるのです。また、インプラントだけではなく、ほかの自分の歯にも悪影響を及ぼす場合があります。そのため、術前の噛み合わせ調整は重要です。もちろん、術後の噛み合わせチェックも定期的に行う必要があります。

これらの失敗は、綿密な検査やシミュレーション、丁寧な治療、治療後の継続したメインテナンスにより未然に防ぐことが可能です。当センターでは、CTによる検査をはじめ、患者様のお口の状態をしっかり把握したうえで微細な点に至るまで治療計画に反映しています。また、手術は最新の機器を取り揃えた環境のもと、確かな技術を持った信頼のおけるドクターが担当しますので、安心して治療をお任せいただけます。もちろん、メインテナンス体制も万全です。

WEB 診療予約

  • PAGE TOP