快適なインプラント生活はきちんとしたメインテナンスから

インプラントは入れ歯のような特別なケアは必要なく、自分の歯と同様に毎日きれいにブラッシングし、定期的に健診を受ければ長期にわたり使用が可能です。しかし逆に、メインテナンスを怠ると再治療につながることも。インプラントが長持ちするかどうかは、手術後のメインテナンス次第なのです。

メインテナンスの重要性

インプラント治療で入れた人工歯。人工物だから虫歯にならない、と思ってケアをおろそかにしていませんか。人工歯は虫歯になることはありませんが、人工歯と連結しているインプラントの周りは天然の歯周組織。メインテナンスを怠ることで「インプラント周囲炎」を引き起こすことがあります。

インプラント周囲炎とは、細菌による歯周組織の病気。歯周病に似た症状を引き起こし、治療した部分で周囲炎が広がると、顎の骨が溶け、最終的には長期間使用できるはずのインプラントが抜け落ちてしまうこともあります。通常のお口のケアと同じ毎日の丁寧なブラッシングと、歯科医院での定期的なクリーニングで予防が可能なので、しっかり予防して快適にインプラントを使い続けましょう。

セルフケア(丁寧なブラッシング)

セルフケア(丁寧なブラッシング)

お口のケアの基本は毎日のブラッシング。インプラント周囲炎の原因菌は歯と歯ぐきの間、歯周ポケットに繁殖しやすいので、その箇所を中心にきれいにするように心がけましょう。しかし、ご自身のブラッシングではどうしても取りきれない汚れもあります。これらの磨き残しは歯科医院での健診時にきれいにクリーニングしてもらいましょう。

定期健診(定期的なクリーニング)

インプラントの状態を確認するだけでなく、お口の健康を維持するために必要な定期健診。インプラントやお口全体の衛生状態をチェックしたり、インプラントを支えている顎の骨に異常がないかを確認したり、ご自分のケアでは行き届かない部分を徹底的にクリーニングしたりします。

そのほか健診では、噛み合わせチェックも行います。まれに、噛み合わせの悪さがインプラントの不具合の原因になることがあるためです。噛み合わせが乱れていると、時間の経過とともに歯が擦り減ったり、移動したりしてさらに噛み合わせも変化していくので、定期健診時に毎回チェックします。

神経のないインプラントの異常は気付きにくく、発症したとしても自覚症状がないまま症状が進行してしまうことも。定期健診で確認しておけば、万が一トラブルがあっても早めに対処することが可能です。ご自分で特に問題がないと感じていても、定期健診は決められた時期に積極的に受けるようにしましょう。

WEB 診療予約

  • PAGE TOP