食事がおいしい!自分の歯のように噛めるインプラント

一般的によく知られるようになったインプラント治療。入れ歯やブリッジと同様、失ってしまった歯を補う治療ですが、治療内容は大きく異なります。

インプラントとは

インプラント治療は、失った箇所の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を被せる治療法。インプラントが選ばれる理由の一つに、入れ歯やブリッジの装着時にあるような違和感を軽減し、自分の歯のような噛み心地が得られることが挙げられます。

インプラント治療は技術の進歩に伴い、知名度や普及率も着実にアップしています。皆様には、改めてインプラント治療に対する認識を高めていただければと思います。

インプラント治療のメリット

  • 自分の歯に近い外観が得られるため、仕上がりが美しい
  • 周囲の健康な歯にダメージを与えることなく治療ができる
  • 自分の歯に近い機能回復ができ、しっかり噛むことができる
  • 装着時の違和感がない
  • 長期間使用できる
インプラントと入れ歯・ブリッジの比較
  インプラント 入れ歯(保険適用の場合) ブリッジ
 

インプラント

歯を失った部分の顎の骨に人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上に人工歯を被せる治療。

入れ歯(保険適用の場合)

1本~すべての歯まで、失った歯の本数に合わせてつくった義歯を、バネを使うなどして装着する治療。

ブリッジ

横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療。

メリット
  • 見た目が自然で美しい
  • 違和感がない
  • 硬い物でもしっかり噛める
  • 周囲の歯を傷付けたり、負担をかけたりしない
  • 金属アレルギーの心配がほとんどない
  • 治療期間が短い
  • 治療費が安く済む
  • 見た目が自然
  • 違和感が少ない
  • 使用する素材によっては、保険が適用される
デメリット
  • 治療費が高い
  • 外科手術が必要になる
  • 全身疾患がある場合や顎の骨の量が少ない場合などは、治療を受けられないケースがある
  • 見た目がよくないことがある
  • しっかり噛むことができないことがある
  • 違和感があることがある
  • バネを使った入れ歯の場合、隣の歯に負担がかかる
  • 手入れをする必要がある
  • 使っているうちに合わなくなることがある
  • 両脇の歯を削る必要がある
  • 支えとなる歯に大きな負担がかかり、将来的にその歯を失ってしまうことがある

健康のためのインプラント

歯を失った患者様でインプラント治療を選ばれる方の中には、見た目の美しさを理由に挙げられる方も少なくありません。確かにインプラントは、まるで自分の歯のような外観に仕上がるため、銀歯や入れ歯のバネが気になる方にはお勧めです。しかし、インプラント治療がもたらすよい影響はそれだけではありません。

「よく噛める」=「健康でいられる」

「よく噛める」=「健康でいられる」

たとえば、よく噛めないと食事が制限されるうえに、おいしく感じられないでしょう。食事が制限されれば栄養バランスは崩れ、おいしく感じられないことからストレスにもつながり、身体的・精神的に健康とはいえなくなってしまいます。また、唾液が十分に分泌されず、口腔内の浄化機能が衰えて虫歯や歯周病になりやすくなってしまううえに、消化によくない状態で食べ物を飲み込むことになり、胃腸に負担をかけてしまうことも。

きちんと噛んでバランスの良い食事をとり、適度な運動をすること。これは、食事制限の必要がないうえにおいしく食事ができ、成長過程にあるお子様だけでなく、成人した大人の方の健康によい影響をもたらします。インプラントなら、「噛む」という重要な動作をさほど意識することなく自然に行え、咀嚼不足による精神的・身体的健康被害を防ぐことが可能なのです。

【健康のための食事バランス】

※農林水産省ホームページより抜粋

【生活習慣病も防げる!?】

まれに、インプラント治療後に食事をおいしく食べられるあまりに、食べ過ぎてしまう患者様もいらっしゃいます。当センターでは、そういった方も含めて、インプラント治療後は患者様の口腔内の健康だけでなく、全身の健康改善もフォローさせていただいています。お口の健康と全身の健康が密接に関係していることを重視し、BMI指数を測ったり、食育インストラクター資格を持つ衛生士が食育に関して指導したりといった取り組みを推進しています。

WEB 診療予約

  • PAGE TOP